鳥獣保護法について

鳥獣保護法の目的について

鳥獣保護法の目的というのは、鳥獣の保護、そして狩猟の適正化を行うにより、生物の多様性の確保や生活環境の保全をし、それが後々農林水産業の健全な発展に寄与するために定められている法律となります。
鳥獣保護法では、鳥獣を「鳥類、もしくは哺乳類に属した野生動物」と定義されています。つまり、野生動物の捕獲や狩猟を行う際には、被害があるからと簡単に捕獲・駆除することはできず、この鳥獣保護法の規定に則った捕獲・狩猟を行う必要があるのです。

イタチについての鳥獣保護法

イタチの場合、メスのイタチに関しては鳥獣保護法の規定により、捕獲・駆除が期間に関係なく行えません。仮にメスのイタチが家屋に何らかの被害をもたらすことになっても、捕獲・駆除することは許可されていません。従って、メスのイタチを捕獲した場合には速やかに人里離れた河川や森林などに逃がす必要があります。だからといって、オスのイタチや子イタチをむやみに捕獲・駆除して良いのかというとそういうわけではありません。オスのイタチや子イタチに関しては上記の鳥獣保護法に則り、捕獲・駆除の際には市町村の許可が必要となってきます。

このような鳥獣保護法に則り、イタチの捕獲・駆除というのは行う必要があります。
しかし一般の方には、子イタチの判別が仮にできても、オス・メスの判別は難しい場合があります。
そのため、家に住み着いたイタチ退治を行う場合には、プロの専門業者に依頼するのが得策と言えます。

当社は愛知県に本社があり、大阪、三重に営業所を構えて、イタチの捕獲・駆除を行っております。
当社はイタチ専門の捕獲・駆除ですので、イタチに関する「プロ」と言えます。上記の愛知や大阪、三重はもちろん、その周辺地域にお住いの方でイタチ被害に悩んでイタチ退治を検討しているのなら、ぜひ当社にご相談ください。