害獣が増えるメカニズム

近年都会に進出する鳥獣類は増加し続けていて、「害獣」被害は深刻化しています。2013年には甲子園球場でプロ野球の試合中にイタチが乱入するという変わったイタチ被害もありました。こちらでは、そもそも「害獣」とは何かについてご紹介します。

「害獣」とは?

人間の暮らしに関わる動物はペット、家畜、害獣と様々な呼ばれ方をしますが、この中で「害獣」はあまり日常で聞きなれない言葉だと思います。
「害獣」とは、人間の暮らしに被害を及ぼすものを指し、具体的には死傷者を出すなどの直接的な被害や農作物・家畜・養殖漁業への影響、屋根裏に住み着いた害獣による細菌媒介や景観の悪化などの環境被害を挙げることができます。ネズミやカラス、イタチ被害の他にも、実はペットとしてファンも多い犬や猫に関する害獣被害も多く報告されています。

より良い環境を求める

「害獣」が都会に住み着く理由には、都市部には安定した暮らしが送れる基盤があるということが挙げられます。愛知は全国でも都市機能の発達したエリアですが、豊富な食料や棲家の確保がしやすいエリアです。特にイタチ被害は活動時間である夜間に人が少なくなる場所で多発しています。より暮らしやすい環境を求めて都市部に進出し、人間にとって何らかの悪影響をもたらした結果「害獣」となる動物はたくさんいます。

「害獣」を増やさないためには?

野生動物を「害獣」にしないためには、「害獣」にとって住みにくい環境作りが必要です。いたずらに追い払うのではなく、プロの害獣駆除業者に依頼して再び住みつかないようにする環境整備が重要になります。また、逃げ出した動物が繁殖し「害獣」になってしまうケースも見逃せません。都市部でイタチ被害の理由となっているチョウセンイタチは、元々毛皮としての利用やネズミ駆除が目的で持ち込まれた生き物です。ペットの飼育には責任を持つなど、身近にできる環境づくりも少なくありません。

害獣被害を食い止めるなら「害獣」が住みにくい環境づくりが一番です。当社もプロの駆除業者として、愛知・岐阜・三重・和歌山でイタチ被害対策のお役に立つことができます。