侵入経路について

イタチなどの害獣は何処からともなく入ってきて、思いあたる隙間は何処にもないはずなのにと、不思議に思っている方は、多いのではないでしょうか。しかしイタチなどの害獣は、思いも寄らない場所を侵入経路に選び、見落としがちな場所が侵入経路になっていることがあります。また侵入経路は1ヶ所だけではなく、用意周到に複数存在していることが多いです。ここではありがちな害獣の侵入経路についてご紹介します。

エアコンと室外機近くの壁穴

エアコンから室外機に繋がるホースは壁を介するため、壁に穴が空いています。この穴がホースを通すために大きめに作られており、エアコンが動いていない間にホースと室外機を通じて、イタチなどの害獣が侵入してくる場合があります。長時間使用しない場合や穴の周辺の劣化は、侵入経路に狙われやすいのでしっかりとした対策が必要です。

通風口や換気扇

通風口や換気扇は空気を外に排出する役目を担っているため、直接外とつながっていることが多いです。換気扇が動いている間は、まず侵入されることはありませんが、換気扇が停止している時を狙われる時もありますので、こちらもしっかりとした対策が必要になります。長年暮らしている間に、通気口はその存在を忘れてしまいがちです。通風口は家の中に通じる穴が必ずありますので、家の中の穴はチェックしておきましょう。

排水管と屋根の隙間

排水管の作りによっては侵入口となることもあります。排水管を通す穴も、エアコンと同じように大きな隙間などがあり、通り道になることもありますので対策が必要です。またイタチなどの害獣に多いのは、屋根の隙間を侵入経路に利用していることです。こんな所からと思うほどの、狭い目立たない隙間を狙ってきますので油断は禁物です。また屋根裏を巣や拠点におくことが多いので、屋根裏から聞こえる鳴き声や異音には気をつけましょう。

排水管の作りによっては侵入口となることもあります。排水管を通す穴も、エアコンと同じように大きな隙間などがあり、通り道になることもありますので対策が必要です。またイタチなどの害獣に多いのは、屋根の隙間を侵入経路に利用していることです。こんな所からと思うほどの、狭い目立たない隙間を狙ってきますので油断は禁物です。また屋根裏を巣や拠点におくことが多いので、屋根裏から聞こえる鳴き声や異音には気をつけましょう。