イタチを寄せつけないための対策

別ページでもご紹介したように、イタチの被害というのは健康への害をはじめ、建物の損傷やストレス原因などの被害へと繋がってしまいます。そのため、イタチの侵入を許したくなければイタチを寄せつけない対策を講じる必要があります。

 

侵入口を塞ぐ

イタチは僅か3cm程の隙間であっても、容易に抜けることができる身体的特徴が挙げられます。そのような特徴を持っているため、容易に家屋の侵入口を抜けて屋根裏などに侵入してしまうのです。

したがって、そのような特徴があるイタチを寄せつけないためには、まず侵入できそうな侵入口を探し出して、その侵入口を防ぐことが大切です。目の細かい網や金属製のネットを設置するなどし、侵入を防ぐようにしましょう。

 

餌を絶つ

イタチの食性は主に動物食となっており、鳥やネズミ、昆虫類などを餌としています。そのため、それらの餌をイタチが捕獲できないように、餌となる動物や昆虫などを自宅はもちろん、自宅の敷地内から排除することが求められます。自宅にネズミがいる、鳥の巣がある場合などは、イタチにとって格好の餌場となりますので、速やかに退治、取り除くようにしましょう。

 

臭いのあるものを設置する

イタチは嗅覚が非常に発達しています。優れた嗅覚を逆手に取り、臭いのあるものを設置してイタチを寄せつけないようにしましょう。特に、害虫用や害獣用の忌避剤や木酢液の臭いをイタチは嫌がる傾向にありますので、一度だけでなく何度も設置することを心がけましょう。そうすることで、イタチは住みづらい環境と考え、侵入するのを躊躇うことでしょう。

 

これらの方法は、イタチの侵入には非常に有効的となっています。
しかし、それでもイタチが家屋に侵入してしまう、住み着いてしまった場合にはぜひ当社にご相談ください。
イタチ駆除・対策のプロである当社が、しっかりとイタチの駆除を行います。