イタチの習性とノミやダニの害

イタチの習性

野生で暮らしている動物にはノミやダニが寄生しています。もちろん、イタチにも寄生しています。イタチというのは、非常に縄張り意識が強い動物のため、巣の近くに糞や尿でマーキングを行います。そのような不衛生な環境もノミやダニが寄生しやすい環境となっています。またイタチの習性として、食料となる動物の捕獲後に、安心して食事ができるよう巣に持ち帰り食事をする習性があります。その動物の死骸にもノミやダニは寄生していますし、死骸が放置されるとノミやダニの発生原因となってしまいます。

ノミやダニによる弊害

ノミやダニというのは、恐ろしい感染症を引き起こす生物です。治療に長い期間が必要となるニキビダニ症や、炎症や脱毛、そして激しい痒みを引き起こす疥癬症といった様々な症状を引き起こす原因となります。特にマダニは、人間に感染することもあるライム病の媒介、バベシア症といった犬を死に直結させることのある病気の媒介ともなります。

ノミアレルギーの怖さ

そしてノミに咬まれると、アレルギー反応を示すことで起きるノミアレルギー性皮膚炎といった皮膚疾患になる場合があります。このノミアレルギーの怖いところは、激しい痒みがでるのはもちろんのこと、一度ノミアレルギー体質になってしまうと、その後、たった一匹のノミに一度咬まれただけでも皮膚炎を発症する可能性があるということです。

このようにイタチが家に住み着くことは、私たちの身体に様々な害をもたらすノミやダニの繁殖原因となってしまいます。したがって、こうしたイタチがもたらすノミやダニの被害を未然に食い止めるには早急なイタチ捕獲・駆除を行う必要があります。

当社では、イタチ被害に悩んでいる方に向けてのイタチ捕獲・駆除の対策サービスを行っています。
屋根裏に営巣しているイタチは、臭いや騒音の被害はもちろん、上記のようなノミやダニの被害をもたらすことになりますので、イタチ被害でお悩みでしたらぜひ当社にご相談ください。