「イタチがいるかも?」と感じた際にチェックしたいポイント

ネズミよりも遥かに大きいイタチが屋根裏に侵入するわけがないと思っている方もいらっしゃるでしょうが、別ページでもご紹介したようにイタチは僅か3cmの隙間さえあれば侵入することができます。そのため、屋根裏にイタチが侵入しないとは考えずに侵入することを念頭に置くことが大切なのです。
こちらでは、そのイタチがいるかもしれないと感じた際にチェックしたいポイントをご紹介いたします。

 

臭い

自宅で猫や犬などの動物を飼っておらず、さらに周りには豚舎や鶏舎などもないのに、動物独特の糞尿が混ざり合った臭いがする場合は、イタチが住み着いている可能性があります。そのような臭いがした時には、屋根に巣が作られている可能性が考えられるのです。そのため臭いがしたら、気のせいとは考えず早めに当社にご相談ください。

 

騒音

温度や湿度などの変動が原因で音がなる家鳴りと、イタチが屋根裏を徘徊していることからの音とは明らかに違いがあります。したがって、屋根裏から家鳴りとは違った音がした場合には、早めに当社にご相談ください。音がしたのに「家鳴りだろう」と片付けてしまっては、単なる騒音の被害が臭いなどの被害となってしまいます。

 

配線切断

ねずみが電話線や電気などの配線をかじることはよくありますが、イタチが配線をかじることは現在ほとんど報告されていません。しかし、それは人間が知らないだけで本当はかじっている可能性もあります。
そのようなかじられた配線は場合によって火災の原因ともなりますので、配線切断が見られましたら、イタチが住み着いていることも考慮し、ぜひ当社にご相談ください。

 

上記のような現象が起きた場合には、イタチが家に住み着いている可能性があります。
写真や映像などで見る限りでは可愛らしいイタチなのですが、家に住み着くと本当に恐ろしい害獣となってしまいますので、上記のような現象がありましたら、イタチの生態を知り尽くしたイタチ駆除・対処のプロである当社にお任せください。